写真屋メッセ

心象風景を写真にする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き

クリスマスカレンダ

今日は材料費約20円で出来る写真立ての話です。
材料は1mm厚のスチレンボードを使います。これはジオラマ用材や
模型店、建築模型を扱うお店で購入できます。(ネットでは「スチレンボード」で
検索すると販売店が大量にヒットするぐらいなじみの素材です)
これは発泡スチロールの板を上質の白紙で両面張り合わせたボードです。

私の場合は一枚115円のスチレンボードで、これでL判プリント6枚分と端きれがとれます。
スチレンボード用の専用糊もありますが、裏表と紙が張ってあるので文具用の
スティック糊で十分です。
のりはいろいろためしましたが、ヤマトのり「アラビック」が紙、写真用、布用ではがれません。
これもスーパーの文具コーナーで手にはいるほどポピュラーな糊です。
そのほかのスティック糊は乾くと、写真がはがれやすくなり、いまいちでした。

後はL判の大きさにカットして写真を貼るだけです。後ろは倒れないように短冊状に残った端きれで
写真のように工夫します。かなり大雑把に作っても通常は「後ろ」で見えないため大丈夫です。

本日のラッピング素材番号は写真を2枚つかうためコラージュ「C101」です。
例のように複数の写真を使う場合はコラージュ素材をつかいますが、そのサイズや位置など
は全て「写真屋メッセ」ソフトウェアに任せてください。自動でおこないますので、
ユーザは利用する写真を「C101」の上にドラッグ&ドロップするだけです。
2~3秒で表示されている写真が出来上がります。


ソフトウェアの詳細は「写真屋メッセ」でどうぞ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photoya.blog111.fc2.com/tb.php/131-d759cb99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。