写真屋メッセ

心象風景を写真にする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼を駆り立てたものは?

伊能忠敬

潮来からすぐ、江戸時代の商都佐原へ。

そうです、伊能忠敬です。人生50年といわれた江戸時代に、その50歳で隠居。
それから日本を歩いて「超精密」ともいえる日本地図を作った。

いったい、彼を駆り立てたものはいったいなんだったのか?
どうして最後までやり遂げる情熱を維持できたのか?
結果としての「地図」のすごさより私の興味はこれに尽きます。

新着ラッピング情報
 俳句カード「8712」,「8713」,フリースタイル「6327」をリリースしました。
ラッピング素材総数は535個です。


この画像はソフトウェア「PhotoYa_Messe」で作成しました。
オリジナルのデジカメ写真(Jpeg)を取り込んでから、
アップロード用縮小画像生成までの一連の操作がワンストップでできます。
ラッピング番号は「S113」+「テキストスタンプ」です。
ソフトウェアの詳細は「写真屋メッセ」でどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photoya.blog111.fc2.com/tb.php/178-743fa207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。